忍者ブログ
     アートギャラリー・カフェ・ショップ  CasaVaso「 カサ・ヴァソ 」           〒989-4703 宮城県登米市石越町南郷字天神堂19-5
[496]  [495]  [494]  [493]  [492]  [491]  [490]  [489]  [488]  [487]  [486

最近薪ストーブ多く使うことから
 
薪を割ることが多くなった
 
チェーン層で輪切りにされた不要を丸太もらったりして置いてあります
 
幹の下の部分以外ははある程度割れるのですが
 
あまり乾燥されていない割れやすい杉でも
 
幹の下の方や根本は斧で叩いても跳ね返され手が痛くなるほどです
 
ましてや、ケヤキや桜の木は、叩いて斧のへこみは少し残るのですが
 
全然割れる気配すらない、何でこんなに堅いのだろうと
 
木材加工に関係していない私は(たまに木材もサンドブラストで加工することはありますが)
 
不器用にも毎日運動不足解消にと、叩き続けた
 
ある時、真ん中ばかり叩いていたので、端の方を叩いてみた
 
すると少しヒビが入った
 
おっ!もしかして
 
もう一度叩くと大きくヒビが入った
 
更にもう一度、次の瞬間、その太い根本の幹が少し割れたのである
 
バカにも今頃気が付いたのである
 
同じ事を繰り返しても上手くいかなければ
 
違う方面からやってみればいい
 
当たり前の話である
 
そして硬くても少しずつ毎日、周りを割っていった
 
最後に残ったのは芯の部分である
 
その木には節もあり、その部分が更に割れにくくなっている
 
でも、まあ~諦めずに運動不足を解消するためにと
 
叩いた、叩き続けた毎日、数本ある木を割れなくても取り替えては叩き
 
でもそれが、今日その1一つが、何回か叩いているうちに突然割れたのである
 
乾燥していないこんなに堅い木が!割れたのである
 
たわいもない話なのに、どうでもいい話なのに
 
なんだか嬉しくて
 
これも当たり前のことですが
 
続けていれば、無理だと思っていても
 
くさびを打ち込み、少しづつでも行動していれば、いずれは大きな壁をも壊しその前方が見えてくる
 
そんな事を感じた
 
ガラスとは関係ないのですが
 
森林を育てる為に木を伐採して、日当たりを良くし、木の光合成を増進させ、酸素を供給する
 
森林に感謝し伐採した木を暖房の薪ストーブ利用させて頂く
 
ストーブから出た灰は、畑へまき また、釉薬の材料として利用します
 
それと運動不足解消に



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
この記事のURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 9 10 11 12
13 14 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
体験教室
最新コメント
[02/20 アーサー]
[02/20 アーサー]
[01/23 アーサー]
[01/23 アーサー]
[01/22 アーサー]
プロフィール
HN:
後藤 洋一
性別:
男性
職業:
ガラス造形作家
趣味:
陶芸・スキー・スキューバダイビング
自己紹介:
ブラストアートガラス、パート・ド・ヴェールの硝子造形品を制作をしています。
工房:ゴトウデザイン
住所:〒989-4703
宮城県
登米市石越町南郷字天神堂19-5
TEL080-1839-7215
FAX0228-34-2582
E-mail uoiui@amber.plala.or.jp

Address:
19-5 Tenzindo Minamigo
Ishikoshi Tomeshi Miyagi
989-4703,Japan
Yoichi Goto

あーと硝子 Casa Vsso
〒987-0702
登米市登米町寺池桜小路103
携帯080-1839-7215
営業日は画面左側のカテゴリーの営業予定日をクリックしてご覧下さい
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
広告
忍者ブログ * [PR]