忍者ブログ
     あーと硝子ショップ 「 カサ・ヴァソ 」  〒987-0702 宮城県登米市登米町寺池桜小路103
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

登米町にショップを開いて
七年以上になりますが
町内のお店のを殆んど訪れていません
昨日は、たまたま時間取れたので
こちらの資料館を見学しました
そしたら
マニアが欲しがるであろう
昔のお宝が沢山あるではないですか❗
写真は玄関しか写せなかったので、内部を見せられないのが残念ですがブリキのオモチャ、ホーローの看板、薬のキャラクター、ポスター、マッサンのサントリー日本初のヌードポスター、など昔の懐かしい薬、貴重な病院で使う治療器具等内部の蔵には展示されていて凄いな~って感じました。
見たい方は是非行ってみてください(^-^)


  こちらが店舗


店舗の左端に小さな扉が


玄関だけは写真が撮れた


キャラクターがお出迎え
PR
今日は私も仕事の打合せで仙台にいました。
帰りに久しぶりに光のページェント1人で観ました。


年末でとにかく大勢の人で

周りの雰囲気は楽しそうで
本当は飲みたい気分でしたが
誰も相手してくれる方が見つからなかったので
食事して
おとなしく帰りましたが
途中古川あたりで地吹雪が凄かったです!


でも、来年はワクワクしそうな年になりそうです(^-^)
今日は昼にちょっと町をぶらついた

銀行まで

途中道路脇に

えっ!なぜに人形が

子供が忘れたのだろうか

でも

かわいいemoji



登米町(とよま)は蔵が多い町

この綺麗な蔵はみそ醤油で有名な

ヤマカノさん

しかしかっこいい蔵だな~emoji



そんなこんなで散歩終了して

ショップへ戻ってきて

ガラスのテスト焼き

続行中!emoji

今年の登米町の秋祭り

2013年9月14日~15日

是非この機会に登米町へ

14日の夜もライトアップされてかなり良いですよ



天空の城ラピュタ

こんなところにあったとは

静かに公園の一部と化していた



素晴らしい造形



こんな小さかった?



でも

創造性に跳んでいる



おおー



私は刺激を揺さぶられた

仙台市 那智が丘
日根牛の栗の木

緑の葉を成長させ

今も生命に満ちている

なぜ

こんなに古いのに

なぜ

こんなに生命に溢れているのだろうか

この木が何百年もの歴史を見てきているからだろうか

雨の日も

風の日も

雪の日も

暑い日も

寒い日も

干ばつの時も

洪水の時も

途方もなく長い時間を

生きてきた

そしてあらゆる動植物の糧となってきたかも知れない

あーそれを思うと

ここに存在することの深い意味を考えさせられる

また存在するだけで有り難いと

そう感ずる!



暖かい一日

外を散歩したくなっちゃいますね!

ところで

登米町の教育資料館

何ともかわいいランドセルが売られている

けっこうリアルで

いいなあ~





あの向こうへ

そう誰もが

どうなっているのだろうと

心躍らされるだろう

でも

行かなければ

見ることも、感じることもできない

きっかけは沢山訪れるものではない

実物の迫力に勝るものはない




向こうの NY 自由の女神



船から見た 自由の女神
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
体験教室
最新コメント
[02/20 アーサー]
[02/20 アーサー]
[01/23 アーサー]
[01/23 アーサー]
[01/22 アーサー]
プロフィール
HN:
後藤 洋一
性別:
男性
職業:
ガラス造形作家
趣味:
陶芸・スキー・スキューバダイビング
自己紹介:
ブラストアートガラス、パート・ド・ヴェールの硝子造形品を制作をしています。
工房:ゴトウデザイン
住所:〒989-4703
宮城県
登米市石越町南郷字天神堂19-5
TEL080-1839-7215
FAX0228-34-2582
E-mail uoiui@amber.plala.or.jp

Address:
19-5 Tenzindo Minamigo
Ishikoshi Tomeshi Miyagi
989-4703,Japan
Yoichi Goto

あーと硝子 Casa Vsso
〒987-0702
登米市登米町寺池桜小路103
携帯080-1839-7215
営業日は画面左側のカテゴリーの営業予定日をクリックしてご覧下さい
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
広告
忍者ブログ * [PR]