忍者ブログ
     アートギャラリー・カフェ・ショップ  CasaVaso「 カサ・ヴァソ 」           〒989-4703 宮城県登米市石越町南郷字天神堂19-5
[246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236

板ガラスのフォトフレームを注文しようとしたが、採算が合わないのか
取り扱いされなくなったようで

仕方がないので自分で作ることにした。

ガラス工場に寸法と端部の仕上げを話して注文した。
そのカットして頂いたガラスで10mmのガラスとガラスの間に2mmのガラスを挟み込んで
接着してフォトフレームを製作します。
しかし、品物を見て愕然
10mmの板ガラスは端部が綺麗に磨かれていましたが、2mmのガラスの磨きが機械できないらしく
透明状態ではありません!

仕方がないので、サイズも少し大きくしたいこともあり、2mmの板ガラスを買ってきて、
自分で理想の大きさに切断して、


それから、切断面が透明になるよう、5段階、耐水ペーパーで磨き上げ



ひたすら磨いては



研磨面を確認し



せっせと研磨しては確認し



やっと透明になってきました。(写真上少しわかりにくいですが)


それをガラス用接着剤で貼り付け


             重しを載っけて待つ


やっと完成です
             こんな感じです

             
         ガラスだけのフォトフレームはカッコイイ


上から見たところ


隙間に写真を挟み込みます。

このガラスフォトフレームを製作して感じたことですが、
出来上がったものは、見た目は大変良い感じになりますが、これは立て置き形で、後ろに控えがないので
地震時に転倒しやすいです。

しかも、ガラスとガラスの隙間に写真を入れるのですが、この隙間から
長年のホコリが入れば、掃除するのはかなり大変そうです。
でも、どんな物でも新品のときは素晴らしいと感動しますし、時間がたてば古くなりますが

ただ、このフォトフレームに彫刻された記念品を、見たときの感動が大きいことは確かです。

商品には、その気分(感動)を味合うことが一番重要なのかもしれないですね!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
この記事のURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
体験教室
最新コメント
[02/20 アーサー]
[02/20 アーサー]
[01/23 アーサー]
[01/23 アーサー]
[01/22 アーサー]
プロフィール
HN:
後藤 洋一
性別:
男性
職業:
ガラス造形家
趣味:
陶芸・スキー・キャンプ
自己紹介:
ガウディ、岡本太郎、松本零士を尊敬しています!サンドブラストアートガラス、パート・ド・ヴェール、ステンドグラス等の硝子造形品を制作をしています。
工房:ゴトウデザイン
ショップ:あーと硝子
     Casa Vsso
住所:〒989-4703
   宮城県登米市
   石越町南郷字天神堂19-5
TEL080-1839-7215
FAX0228-34-2582
E-mail uoiui@amber.plala.or.jp

Address:
19-5 Tenzindo Minamigo
Ishikoshi Tomeshi Miyagi
989-4703,Japan
Yoichi Goto
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ * [PR]