忍者ブログ
     あーと硝子ショップ 「 カサ・ヴァソ 」  〒987-0702 宮城県登米市登米町寺池桜小路103
[801]  [800]  [799]  [798]  [797]  [796]  [795]  [794]  [793]  [792]  [791

作品名:青の脳(破壊・構築・溶融)






この作品は、元々青色がかった分厚いタンブラーのグラスである
それをサンドブラストにより深く凸凹に彫刻したグラスとしていた。
ある時、もっとぐにゃっとしたくなって、思いつきで携帯用ガスバーナーで
炙ってみた、10秒ぐらい経ったろうか、パーンと音を立てて割れてしまった。
一瞬何が起きたのか、驚いてまったが、よく考えてみると、ガラスの一部だけを
炙ったら割れるのは当然のことだった。
落胆しながらも、ガラスのかけらを拾い集めていたが、よく見ると一部の破片に
良い感じの模様が現れていた。丁度炙ったところである。
これは、と思って、破片を組み立てることにした。
組み立て初めは大きな欠片で簡単な感じに思えたが、小さな破片になると3次元
パズルのようで組み立てが大変だったが、結局3日間ぐらい掛かり組立て終わった。

そして見事に組み立て上がった、グラスは炙った部分のその模様がとても良い!
他の方にも見て頂いたが評判は良かった。
これを破壊グラスと名付けた

それから、何年か経って電気炉を扱い始めていた私は、あの破壊グラスを、
電気炉の中に入れて溶かしたくなった。
少しだけ溶けてくっつけば良いと試しに入れたが、温度が高すぎて潰れて固まりと
なってしまった。
でも、それが青と透明のコントラストがグラデーションし、サンドブラストで彫刻
し、火で炙ってできた模様が、いくつもガラスの重なりと共にガラスが溶ける時に
中に閉じこめられ、面白い多層模様を創り出したものである。
それを自分に問いかけるために、額の鏡の前に現したものである。

絶えず、諦めずに、閃きをガラス張りのように出しておこう。
そんなものづくりである。

人の頭も、この作品のように、固まった考えだけではなく、新しい発想を求め、
固定観念を一度、破壊し、再構築し、溶融し結合してみると、何かしら新しい色に
染め新しいものが生まれる。

制作:後藤洋一

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
この記事のURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
体験教室
最新コメント
[02/20 アーサー]
[02/20 アーサー]
[01/23 アーサー]
[01/23 アーサー]
[01/22 アーサー]
プロフィール
HN:
後藤 洋一
性別:
男性
職業:
ガラス造形作家
趣味:
陶芸・スキー・スキューバダイビング
自己紹介:
ブラストアートガラス、パート・ド・ヴェールの硝子造形品を制作をしています。
工房:ゴトウデザイン
住所:〒989-4703
宮城県
登米市石越町南郷字天神堂19-5
TEL080-1839-7215
FAX0228-34-2582
E-mail uoiui@amber.plala.or.jp

Address:
19-5 Tenzindo Minamigo
Ishikoshi Tomeshi Miyagi
989-4703,Japan
Yoichi Goto

あーと硝子 Casa Vsso
〒987-0702
登米市登米町寺池桜小路103
携帯080-1839-7215
営業日は画面左側のカテゴリーの営業予定日をクリックしてご覧下さい
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
広告
忍者ブログ * [PR]