忍者ブログ
     アートギャラリー・カフェ・ショップ  CasaVaso「 カサ・ヴァソ 」           〒989-4703 宮城県登米市石越町南郷字天神堂19-5
[1729]  [1728]  [1727]  [1726]  [1725]  [1724]  [1723]  [1722]  [1721]  [1720]  [1719
リトアニア日記その4
短い展示会の最終日


朝は晴れのようである

朝食を済ませ、展示会場に早めに出かける
晴れて良い天気なのですが


ん...何かちょっと違う雰囲気を感じる

でも、今日はワークショップの準備があるらしいので


会場内での準備を手伝い、準備完了!

 
早速、見学者が訪れて、作家先生方に日本の伝統手芸等を体験させて頂いている

その後、何人かで旧市内を少し案内して頂く
少し裏道に入る


タンポポがきれいだ!


何世代もかけて建設された素晴らしい教会を見て、裏通りを散策する


所々には、わかりやすい造形の看板が馬の仕事だろうか
国が繋がっていると、言葉が変わってくる、多少なりわかっても、文字で表現するより、造形や絵で表現された方がわかりやすいのだろう!
昔の壁をわざと残しアートな外壁もある
落書きも裏道には結構あるこんな流行はいらないのだが

その後も進み、どうやら町が一望出来る丘に案内してくれるようだ
自然いっぱいの公園を進み、あの丘に向かうらしい
あっまたタンポポだ!

丘の斜面もタンポポでいっぱい

石畳の通路を登っていくと


見晴らしの良い頂上
景色を満喫していると、どうも雲行きが怪しくなってきた
と思っているうちに、雨が雷が
こんな天気が今の時期は続くらしい

雨宿りでソフトクリームの店でカラフルなソフトクリームを買い、雨がやむのを待って、会場へ


戻る途中、絵を道路脇にいっぱい並べて売るおじさんを見かけた。


会場へ戻ると来場客が多く、ワークショップを皆さん興味津々で見ている。
定刻を向かえ撤収作業が始まっても、来場者が現れ、異文化を見て頂いた事に大きな意義があったのでしょう!

それから、朝の空気感の変化は、街を散策して気づいたのですが
タンポポだったようで、街の緑にはタンポポが日本では考えられないぐらい多く群生していて、晴れた日は、その胞子が風に乗って、雪が降るように舞っているのでした。
それが建物の隅に集まって綿のようになっている光景なのでした!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
体験教室
最新コメント
[02/20 アーサー]
[02/20 アーサー]
[01/23 アーサー]
[01/23 アーサー]
[01/22 アーサー]
プロフィール
HN:
後藤 洋一
性別:
男性
職業:
ガラス造形家
趣味:
陶芸・スキー・キャンプ
自己紹介:
ガウディ、岡本太郎、松本零士を尊敬しています!サンドブラストアートガラス、パート・ド・ヴェール、ステンドグラス等の硝子造形品を制作をしています。
工房:ゴトウデザイン
ショップ:あーと硝子
     Casa Vsso
住所:〒989-4703
   宮城県登米市
   石越町南郷字天神堂19-5
TEL080-1839-7215
FAX0228-34-2582
E-mail uoiui@amber.plala.or.jp

Address:
19-5 Tenzindo Minamigo
Ishikoshi Tomeshi Miyagi
989-4703,Japan
Yoichi Goto
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
広告
忍者ブログ * [PR]