忍者ブログ
     あーと硝子ショップ 「 カサ・ヴァソ 」  〒987-0702 宮城県登米市登米町寺池桜小路103
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
仙台での展示会が終わり

本日3日ぶりに帰ってきました

emoji

睡魔が襲ってきます!

3日間

熟睡出来ずにいまして

もうダウンします!

お休みなさいemojiemoji
PR
また年度末がやってきた

この3月は

仙台での展示会が近づいてきたので

尚更

忙しい!

忙しいことは良いことだが

創作活動での忙しさならまた違うのだが

いずれにしても

一つ一つ着実にこなすしかないのだ

あーめんどくさい

は言わない!

ただただ一生懸命に行動するのみ!
何気ない毎日の生活

長年の生活は見慣れたもので

特別何も気にするものはない

なぜ日があって、なぜ不自由なく自然に呼吸が出来て

植物も動物も日々生まれ成長しいつか一生を終えていく

土は土の色、葉は葉の色、空は空の色、海は海の色

それも太陽があって日があって、見れるもので、見慣れた色であって

何一つ不自然さとか感じない

それが常識であって人の生活なのだろう

人々は普通に生活できることが幸せと感じることが多いのだと

人生を全うする上で苦でないように

できれば楽に過ごせたら

時に、それが、いつか、慣れが、おごりが

我欲に走り出し

人としての本来の姿を見失う

大自然があっての人なのに

大自然を無視し己の欲に走る人々がいることは

常識を変化させ

大気が汚れていても稼ぐためには仕方がないと

自然から恵みを貰っている人間は自然を大事にしなければ

宇宙の創造から全てのことが法則として決まっていることを

今生きていて感じている人はそれほど多くはいないだろう

全ては種の保存にむけて進化し続けている

自分達の為だけの進化では、いずれ自分達に弊害が返ってくるのだろう

なぜなら自然はつり合わせようとするから
守ること
それは大変なことであり
守り続けられれば素晴らしいことである
でも、のそ重圧とか重みとかで、多くの人は全て守ることはできない
 
それが チャレンジャー へ変わったとき
その重圧や重みから解放さて
何もかも関係なくなって
本来の力を発揮することができるのだと
そう私は感じる!

重圧=プレッシャー

を掛ける環境も良いとは言えないが
それに掛かってしまう自分との戦いも
物事によって変わってくる

ただ、プレッシャーに打ち勝ってきた人もいることも事実なので
そう出来れば本当はよいのだが
それには運も味方にしなくてはならないのかも知れない

いずれにせよ
日々それに向きあわなければ
プレッシャーにも運にも巡り会えないのだろう!

今日は晴れたな

先日まで降った雪は少しずつ溶けながらも

まだまだ残っている

寒さは

その環境から、何とか改善しようと

頭を使う

南の島で暮らすのなら

多少暑くても薄着と海に入って

暑さを凌ぐのと同時に魚を捕って

果物を食べながらのんびり昼寝しながらでも過ごせるかも知れない

それが本当に幸せなのかどうかはわからない

ただ、極寒の地では建物の中に入り暖を取らなければ

暮らすことは不可能だ!

必死だからこそ

頭を使い工夫する!

のんびりした生活も良いが

のんびり、だったら頭もそれほど使うこともないだろう

何かをしたいと思うのなら

自分を必死なところに追い込むことが良いのだろう
多くの結果を残してきた者は

4年に1回だけの機会には

守りに入ってしまうのだろう

逆に結果の出ていない者は、負けて元々!

思い切って一発勝負を掛ける

その精神状態の差は表情だけではうかがえないが

その差は天と地のような気がする

四年に1回の機会での結果は大きく評価されるが

でも、本当に素晴らしい方は、四年に一回だけの結果ではなく

こつこつと結果を出してきた者なのである


ニュースは見たり読んだり

この時代の良し悪しを

センセーショナルに報道する

企業活動は自分たちの利潤追求であり

それが生活の手段であり

売り上げを多くすることで

自分たちの生活を豊にしようとする

今の時代の豊かさを得ようとする

良い車に乗ることなのか、良い住宅に住むことなのか

高級な服を着て、高級な食事をして、高級なものを身につけて

もちろん快適な生活は誰でも望むもので

それを得ることが悪いことではない

でも、ニュース(情報)ばかりにとらわれてしまっている

今の時代が

ある方向性の意図に知らず知らずのうちに引っ張られている

本当は何が良いのだろうかと

迷わされているような

もしかしたら

不便な昔の時代に、寒いときは寒さをより感じ、暑いときは暑さをより感じ

移動するときも何キロも歩いたり、自転車で載っていったり

身体をより一層使う時代の方が

本当は良いのかも知れない

でも、便利さに慣れすぎてきている所で育てば

より便利さや快適性を望んでしまうのだろう

それと引き替えるのが、身体の免疫力のお衰えだとしたら

........。

もしかしたら、テレビもネットもない、情報の無いところで過ごすことが

豊かさを感じ過ごせる所かも知れない

そう、最近感じてきている
おごりは

誰でも知らず知らずに持ってしまうかも知れない

何かが成功すると

それが自分の力で成功したと

嬉しさのあまり、そう思いこんでしまう

でも、何かの形でそれが沈み込んだとき

はっ!と気がつくはずだろう

自分一人の力だけではなかったことを

多くの協力者がいて

今の自分が成り立っていることを

人知れず陰で支えてくれた人がいることを

忘れては行けない

おごりは

捨てなければいけない

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 24 26 27 28 29
30
体験教室
最新コメント
[02/20 アーサー]
[02/20 アーサー]
[01/23 アーサー]
[01/23 アーサー]
[01/22 アーサー]
プロフィール
HN:
後藤 洋一
性別:
男性
職業:
ガラス造形作家
趣味:
陶芸・スキー・スキューバダイビング
自己紹介:
ブラストアートガラス、パート・ド・ヴェールの硝子造形品を制作をしています。
工房:ゴトウデザイン
住所:〒989-4703
宮城県
登米市石越町南郷字天神堂19-5
TEL080-1839-7215
FAX0228-34-2582
E-mail uoiui@amber.plala.or.jp

Address:
19-5 Tenzindo Minamigo
Ishikoshi Tomeshi Miyagi
989-4703,Japan
Yoichi Goto

あーと硝子 Casa Vsso
〒987-0702
登米市登米町寺池桜小路103
携帯080-1839-7215
営業日は画面左側のカテゴリーの営業予定日をクリックしてご覧下さい
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
広告
忍者ブログ * [PR]