忍者ブログ
     アートギャラリー・カフェ・ショップ  CasaVaso「 カサ・ヴァソ 」           〒989-4703 宮城県登米市石越町南郷字天神堂19-5
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
久しぶりに

秋らしい天気に

雲も秋らしい

恵みの大地も黄金色に

あー

見慣れた光景

少し和む

稲穂のにおいと、大地のにおいと

秋の穏やかな風を感じながら


PR
昨日といっても3時間前にボストン・ニューヨークから帰宅しました。

長いようで短いアメリカでした。

まだまだというか、本の一端部分を見ただけですが

世界の大きさというか

文化と人種の違いを感じさせられる1週間でもありました

たぶん言葉の壁が大きく立ちはだかり

深い部分に入ることが難しかったと思います

ただ、それも含めて色々なものを肌で感じたことは大きな経験となっていくのだろうと

古都と大学の街ボストンと



世界の中心のようなニューヨークの圧倒的な電飾で飾りたてたタイムズスクウェア



の両極端を多少なりとも肌で感じることが出来たこと

まずは、これで良いのだ!
何故だか

何を求めてのアートなんだろうと

ふと考えたが

無理に考えるのではなく

自分が心地良いと感じることを表現しているのだろう

人生において

歳を重ねていくことは

何か悟るとか、大げさなことではなく

知恵でごまかすとかでもなく

ある程度常識を知り尽くしたことにより

心の成長が

感情豊かな、思いやりみたいなものが大きくなっていくような

人(友)のありがたみが

本当に心強い

何処かで誰かが、誰か(自分)のために応援してくれていることに

あー

感謝せずにはいられない!

もっともっと森の奥を探検するように動いていこう


ここ2~3日

夏休みの課外授業のような感じの

室根山での子供たちの夏の思い出のお手伝いをさせて頂きました

元気いっぱいの子供たちは

何もかも興味津々です!

こんな所でも色々と経験して学んでいくのだろうなあ~と

宿に着いての子供たちは

山のアスレチックで遊び回って、よほどお腹がすいたのか

定番のカレーライスとぺろりとたいらげお代わりも続出でした

その後の風呂上がりの夜の寝床は

思い出の枕投げ大会です!

枕大丈夫だろうかというぐらい3時間以上も騒いでいました

私は2階で次の日の準備の為に寝ていましたが

はっきりいって眠れませんでした

まあ、子供たちの思い出のためには、それでも良いかと

目だけは閉じていました

夜2時過ぎには収まったようで、少し眠りましたが

そんな為か、朝早く5時前に起きて

少し外を散歩しようと出かけたら

丁度、夜明けが



久しぶりに山で見た朝日にすがすがしい気持ちになりました

そして少し山頂の方へ歩いてみました

何があるだろうかと、草花を見ながら、景色を見ながら

歩いていたら

山頂まで3kmとの看板を見かけ

その気は無かったのですが、歩けるところまで

と歩いているうちに

景色が良いので

もっと上へ、もっと上へと

歩いているうちに

ついに

頂上まで10分の看板に

ここまで来たらと

登ってしまいました





山頂です

もう太陽もしっかり昇り

景色に登って良かったなあ~



おー

宿泊している宿も見えるなあ~

あんなに遠くに、1時間半も掛けて登ってきたな~



と帰りのことも考えずに

何とか1時間で降りました

でも、車で山頂近くまで行けるのに

散歩の延長で、歩いていった私はバカです

そんな、私のつかの間の夏休み体験でした。
赤が眩しいくらい

鮮やか

自然の色

一時だけど

一時だから

花は美しく咲かせるのだろう

まねのできない美しさ



今日もいろいろと出会いがあった

というか、色々な価値観にふれた

単純に生きるとか

ではなく

何かを求め、何かを突きつめ

そのために見たり聞いたりと

色々な行動に

また、業とか技のようなものに

取り組み挑んでいくものなのであろう

そんな人達とのお話し合いは楽しいし、時間も直ぐに過ぎてしまう

きっとそんなところからも、自分という歴史を作っていく一つなのでしょう!


6月上旬の登米市の田園風景



空のキャンバスは雲という絵の具で刻々と模様を描いている
今日は天気が良い

青空と植物の緑が

また良い

まだ桜は本格的に咲いていないようで

でも普通にあおぞらの下で

過ごせることが、普通だけど幸せなことか

大自然に感謝!




透明感があって

スケルトンのような

この植物もお気に入りの一つとなりました



多くの生命を育む大自然

みな自然を大切に出来る心をもちたいものだ

小さな一つがやがて大きな一つになっていく

ほら、もうすぐ春を呼ぶ桜が咲こうとしているよ
プラスが一つ

プラスが二つ

プラスが三つ

マイナスを数えないでいると

プラスの気が増えるよ

それには

いつも笑顔

いつも前向き

つまり

プラス思考でものごとを考えたり、感じたり

プラスはプラスを呼ぶ

そう信じることだ!
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
体験教室
最新コメント
[02/20 アーサー]
[02/20 アーサー]
[01/23 アーサー]
[01/23 アーサー]
[01/22 アーサー]
プロフィール
HN:
後藤 洋一
性別:
男性
職業:
ガラス造形家
趣味:
陶芸・スキー・キャンプ
自己紹介:
ガウディ、岡本太郎、松本零士を尊敬しています!サンドブラストアートガラス、パート・ド・ヴェール、ステンドグラス等の硝子造形品を制作をしています。
工房:ゴトウデザイン
ショップ:あーと硝子
     Casa Vsso
住所:〒989-4703
   宮城県登米市
   石越町南郷字天神堂19-5
TEL080-1839-7215
FAX0228-34-2582
E-mail uoiui@amber.plala.or.jp

Address:
19-5 Tenzindo Minamigo
Ishikoshi Tomeshi Miyagi
989-4703,Japan
Yoichi Goto
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ * [PR]